クラウドを「知ろう」「使おう」
クラウドを「知ろう」「使おう」

パブリッククラウドとプライベートクラウドの違いとは?どちらを選ぶべきか見極めるポイント

クラウド 全般 パブリッククラウド プライベートクラウド ハイブリットクラウド クラウド比較 Cloud

目次

  1. パブリッククラウドとは
  2. プライベートクラウドとは
  3. ハイブリットクラウドを利用する企業も
  4. 自社に適したクラウド環境を検討しよう

企業がシステム環境を構築するためには、サーバやストレージなどからなるITインフラを用意しなければなりません。自社内のネットワークに必要なインフラの構成要素を集めた、オンプレミス型システムを構築することも可能ですが、近年ではネットワークを通じてインフラを調達できるクラウドサービスの利用も広がってきました。

 

システム構築に役立つクラウドサービスは、大きく分けるとパブリッククラウドとプライベートクラウドの2種類があります。それぞれにどのような違いがあるのか解説します。

 

 

パブリッククラウドとは

パブリッククラウドとは、ネットワークを介して不特定多数のユーザにインフラ環境をはじめとしたリソースを提供するクラウドサービスです。利用者はサービスプロバイダが用意したインフラを利用することになります。そのため、企業は自社でサーバを用意する必要がありません。ただし、サービスプロバイダが用意する環境は不特定多数のユーザがシェアする形となります。

 

 

パブリッククラウドの特徴

パブリッククラウドの特徴は、柔軟性の高いサービスを低コストかつ手軽に利用できる点です。利用者はサーバの数など、要件に合わせて自社に必要な分のリソースだけを利用します。新たに必要なリソースを追加したり、不要になったリソースを削除したりすることも容易なので、オンデマンドなシステム環境を構築できるのがメリットです。初期費用がかからず、自社用でインフラを準備する場合と比べて短期間で利用を開始できます。

 

デメリットは、障害発生時に自社での対応ができないことや、他のシステムとの連携に支障をきたす恐れがあることです。パブリッククラウドのインフラはサービスプロバイダが所有しており、利用者自身が保守管理を行う必要はありません。逆にいえば、障害が発生しても利用者にできることは何もないのでプロバイダが対応・復旧するのをただ待つことになります。

 

また、パブリッククラウドは特定の企業に向けて最適化されたサービスではありません。既存のシステムやサードパーティーのサービスなど、一緒に組み合わせて使う必要がある別のシステムやサービスとうまく連携できない可能性もあるので注意が必要です。

 

 

プライベートクラウドとは

プライベートクラウドにはクラウド技術を用い、オンプレミスと同様に自社でインフラの手配、構築、運用を行う自社向けのクラウドサービスを指す場合と、パブリッククラウドと同様のサービスを不特定多数のユーザとしてではなく、1社で専有可能なクラウドサービスをサービスプロバイダから受けるクラウドサービスを指す場合があります。どちらの場合もリソースを自社で専有する点が共通点になります。

 

 

プライベートクラウドの特徴

セキュリティを維持しつつ、クラウドのメリットを享受できる点がプライベートクラウドの特徴です。高度なセキュリティ要件が求められる企業の場合、不特定多数のユーザとリソースをシェアしているパブリッククラウドでは必要なセキュリティ水準を満たせない場合があります。それに対してプライベートクラウドはリソースを専有しているため、顧客情報のように高いセキュリティ水準が求められるデータも安全に取り扱うことが可能です。

 

プライベートクラウドを利用するには、自社専用のインフラを調達しシステム環境を構築しなければなりません。既存システムとの連携などカスタマイズも柔軟に対応可能ですが、導入や運用に必要となるコストや労力はパブリッククラウドよりも増えてしまいます。

 

 

ハイブリットクラウドを利用する企業も

「ハイブリットクラウド」とは、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて構築されるシステム環境です。ご紹介してきたように、パブリッククラウドとプライベートクラウドはそれぞれ異なるメリットとデメリットを持っています。これらを混合させることで、それぞれのデメリットを補いつつ、メリットを活かすのがハイブリットクラウドの狙いです。

 

 

自社に適したクラウド環境を検討しよう

ハイブリットクラウドという概念は、自社にとって最適なシステム環境とは何かを考えるにあたって重要な示唆を与えてくれます。たとえば、臨機応変かつスピーディーな開発環境が求められる業務ではパブリッククラウドの方が適していますが、高度なセキュリティが求められるデータを取り扱う際は逆にプライベートクラウドのほうが適しています。

 

「パブリッククラウドとプライベートクラウドのどちらが優れているか?」と考えるのではなく、「どちらの方が自社での活用に適しているか」と考えることがクラウドサービス選びのポイントです。

 

業務や取り扱うデータの種類によって、異なるクラウドサービスのリソースを使い分けられれば、最適なシステム環境を実現することができるでしょう。