クラウドを「知ろう」「使おう」
クラウドを「知ろう」「使おう」

クラウドとオンプレミスは適材適所!クラウドが適しているシステムとオンプレが適しているシステムとは?

クラウド 全般 クラウドとオンプレ比較 クラウドのリスク クラウドサービス ハイブリットクラウド Cloud

目次

  1. クラウドは何が得意?クラウドを利用することが有利なシステムとは
  2. クラウドに対するオンプレミスの利点は?オンプレが適しているシステムとは
  3. クラウド、オンプレをうまく使いこなそう!両者に連携が必要な場合の留意点
  4. クラウドが特段に優れているわけではなく、オンプレとの使い分けが大切

昨今、クラウドブームにはますます拍車がかかっていて、クラウドを利用しなければ時代に置いていかれるというある種の強迫観念すら生まれています。しかし、クラウドサービスはあくまでもコンピュータシステムの運用形態のひとつに過ぎません。オンプレミスがクラウドに比べて劣っていて、すべてのオンプレシステムはクラウドに移行すべき、といったものではないのです。当然ながらオンプレミスの利点も健在で、オンプレミスを選択する方が明らかに賢いケースもあります。

 

そこで今回は、それぞれの利点、欠点を考えながら適材適所としてクラウド、オンプレミスを適用するシーンを整理してみたいと思います。

 

 

クラウドは何が得意?クラウドを利用することが有利なシステムとは

クラウドシステムならではの利点はいくつか挙げられます。まずはそのスケーラビリティです。

 

クラウドシステムは仮想環境上に構築されていますので、リソースの割当を簡単に変更できます。たとえば使用するCPUのコア数やメインメモリの容量、記憶容量、通信帯域などです。こうした通常は物理的要素を増やしたり減らしたりするのが簡単なのが、クラウドの利点のひとつです。つまり、スケーラビリティが必要なシステムは、クラウドと相性が良いといえます。

 

また、どこからでもアクセスできるので、複数拠点や外出先など、本社外からも使用する機会が多いシステムもクラウドと相性が良いといえるでしょう。特にSaaSの場合、この恩恵の利点を強く感じることができるかと思います。

 

さらに、情報系システムの環境を手軽に整えることができるのも大きな利点です。オンプレミスなら、サーバ機器の購入から設置、セットアップに始まり、OSの導入や設定、アプリケーションのインストールなどサーバ環境を整えるだけでも非常に労力がかかります。クラウドの場合、この部分はかなりオミットすることができます。

 

オンプレミスでも外部公開すればどこからでもアクセス可能になりますが、その場合、セキュリティを万全に対策するのは自己責任になります。クラウドなら、公開が前提なのでセキュリティに長けている点が魅力です。逆にクラウドの欠点は、保持する情報をクラウドに「預ける」かたちになるということです。個人情報のようなセンシティブな情報は社内で厳重に管理したいでしょうから、こうした重要な情報を扱わないシステムの方がクラウドに向いています。

 

ただ、クラウドはインターネット接続が大前提ですので、プロキシサーバやDNSサーバのトラブルなどでインターネットに接続できなくなると使えません。 こうしたシチュエーションが許容できるなら、クラウドとの相性はさらに良くなります。

 

 

クラウドに対するオンプレミスの利点は?オンプレが適しているシステムとは

一方、オンプレミスの場合、クラウドの欠点がそのまま利点になります。すなわち、個人情報など流出が許されないデータを扱うシステムは、明らかにオンプレミスの方が向いているでしょう。

 

また、サービス停止からの復旧時間が短ければ短いほど良い、逆にいえば停止時間が即機会損失として売上に直結するような高いMTTRが求められるシステムはオンプレミス向きだといえます。

さらに、クラウドにしてもコストメリットが出ないシステムというのもあり得ます。クラウドにするまでもないシステムもそのひとつです。

 

最後に、社内のコアコンピタンスに関わるシステムは、社外に出したくないと考えるのが普通でしょうから、こうした社外秘的な要素が詰まったシステムもオンプレミスを選択すべきでしょう。

 

 

クラウド、オンプレをうまく使いこなそう!両者に連携が必要な場合の留意点

社内システムといっても、1システムだけであるケースは稀でしょう。通常は複数のシステムが複雑に絡み合って業務をこなしていることと思います。

 

それぞれ個別にクラウド向き、オンプレ向きを判断して、クラウド向きのものについてはクラウドサービスを利用していくのが得策かと思いますが、ここでひとつ注意すべき点があります。それは、システム間の連携をする場合の方向です。

 

あるシステムから他システムを参照する場合は、オンプレ側からクラウド側を参照するのが基本です。クラウド側からオンプレ側を参照する構成の場合は、オンプレ側にクラウドと同レベルの高いセキュリティが求められます。このためセキュリティ構成が重たくなり、オンプレミスの利点を消してしまう恐れがあります。

 

 

クラウドが特段に優れているわけではなく、オンプレとの使い分けが大切

今回ご紹介したように、クラウドに向いているシステムもあれば、従来通りオンプレミスにする方が向いているシステムもあります。すべてをクラウドにする必要はありません。流行に流されて、本来オンプレミスが向いているシステムをクラウドに置き換えてしまうと、後々大きな損失につながる恐れがありますので、十分注意しましょう。

 

また、クラウド+オンプレのハイブリッド型なら導入の敷居も低くなるので、まずは軽いシステムをクラウド化して、ノウハウを蓄積していくのも良い方法だと思います。