クラウドを「知ろう」「使おう」
クラウドを「知ろう」「使おう」

クラウドは最新技術のカタマリ?クラウドで使われている技術とは?

クラウド 全般 仮想化技術 クラウドの特徴 クラウドコンピューティング Cloud

目次

  1. クラウドの骨格を成す技術
  2. 仮想化技術はクラウドの要
  3. 巨大なデータセンターがクラウドを支える
  4. クラウドコンピューティングは最新技術のかたまり

クラウドサービスは驚くほど便利なものです。無料で試用もできるので興味がある方には試していただきたいのですが、CPUコア数やメインメモリの量、ストレージ量を可変で必要に応じた量だけ利用するように設定できるという、オンプレミスでは考えられないようなものです。こうしたクラウドサービスを支える技術にはどんなものがあるのでしょうか?

 

今回はクラウドで使われている技術についてご紹介いたします。

 

 

クラウドの骨格を成す技術

クラウドコンピューティングが成立するための要件はかなり厳しいものです。

 

クラウドコンピューティングが必要とされる要件は、以下のようになります。

・コンピュータリソースを必要な分だけ割り当てられる、リソースのフレキシブルさ

・利用数の増大に伴い、リソースの増設が柔軟にできること

・大量のハードウェアを使用するため、それぞれの消費電力を極力抑えること

・外部からのネットワーク接続が命綱なので、高いネットワークの可用性が求められる

・外部向けのサービスなので、堅固なセキュリティが必須

 

プライベートクラウドの場合は、もう少し要件が緩くなるかもしれませんが、パブリッククラウドなら、上記はすべて必須です。

 

こうした要件を満たすため、クラウドには最新の技術が使われています。

 

まず、リソースのフレキシビリティを確保するための基本が、仮想化技術です。仮想化技術とは、コンピュータのハードウェアとOS環境を切り離し、ひとつのハードウェア上に複数のOS環境を構築したり、逆に複数のハードウェアで一つのOS環境を構築したりする技術です。技術が登場したのは古くてもより良いクラウド環境提供のため、細かい技術改善が常に行われています。

 

そして、使用するハードウェアはすべて省電力対策が施されており、消費電力を抑えるための省電力化技術が使われています。

 

また、ネットワークの可用性を高めるために、冗長化技術、ルーティングなどのネットワーク制御技術にも高度な技術が使われています。

 

最後にセキュリティですが、こちらも一般的なオンプレミス公開サーバと比べても遜色ないか、それ以上の対策が施されています。

 

 

仮想化技術はクラウドの要

特に重要な技術は、仮想化技術です。いわゆる仮想化技術とは、まず物理的なサーバ上に、これを動かすためのOSを乗せ(これをホストOSといいます)、その上に仮想サーバを動かすためのソフトウェアを入れます。そして、そのソフトウェアを使って仮想サーバを作成し、それにOSを乗せて(これをゲストOSといいます)動かします。こうすることで、物理的なサーバと仮想サーバのOSを切り離し、仮想サーバのリソースを自由に変更することができるわけです。

 

しかしこの方法だと、ホストOSとゲストOSの間の情報伝達に僅かながらタイムラグが生じます。小規模なクラウドの場合はこれでも良いのですが、規模が大きくなると、このタイムラグがサービスに支障をきたす場合があります。

 

これを防ぐため、ホストOSを乗せずに、その代わりにハイパーバイザーと呼ばれる特殊なソフトウェアを導入し、直接仮想サーバを構築する方法があります。この方法だと先ほどのラグは発生しません。この技術で構築されたクラウドをベアメタルクラウドと呼びます。

最近では、ベアメタル方式のクラウドが普及してきました。

 

いずれにせよ、物理サーバと仮想サーバを切り離すことが、クラウド技術の基礎になります。

 

 

巨大なデータセンターがクラウドを支える

クラウドサービスには、大量の物理サーバが使われています。また、それをつなぐネットワーク機器や電源装置など、たくさんの周辺機器も必要です。こうした機器はセキュリティや可用性に特化したデータセンターで運用されています。データセンターは耐震性に優れ、電源系統も多重化されており、また内部の温度調整もシビアにコントロールされています。入退室は厳しく制限され、まさに堅固な巨大サーバールームです。

 

 

クラウドコンピューティングは最新技術のかたまり

仮想化技術もそうですが、クラウドで使用されている技術は細かいものまでどれをとっても最新の技術が使われています。こうしたリーディングテクノロジーの集大成がクラウドといえるでしょう。