クラウドを「知ろう」「使おう」
クラウドを「知ろう」「使おう」

オンプレミスからクラウド移行したいけど、どうしたら良いの?

よくあるお悩み セキュリティ クラウド移行 Oracle Cloud オンプレミス Cloud

目次

  1. オンプレミスからのクラウド移行はできる
  2. オンプレミス環境との高い互換性
  3. そもそもクラウド移行ってメリットあるの?
  4. クラウドへの移行で開発環境の効率化を実現しよう

「システム環境のクラウド移行」は、今日のビジネス界においてひとつの大きなテーマになっています。すでにインフラ、プラットフォーム、ソフトウェアというシステムを構築するための要素はIaaS、PaaS、SaaSとしてクラウドで提供されているため、要件さえ満たせればオンプレミスの環境をクラウド化することは十分に可能です。

 

この記事では、オンプレミスからクラウドへ移行するためにはどのような点に注意しなければならないのか、クラウドへの移行にはどんなメリットがあるのかを解説していきます。

 

 

オンプレミスからのクラウド移行はできる

従来、インフラ環境は企業が自社で管理する設備内に設置し、運用管理を行うオンプレミス型が採用されていました。近年、ネットワークを通じて外部企業が提供するインフラリソースを利用するクラウドサービスが登場し、インフラリソースをオンデマンドで利用できることなどの理由で普及しています。しかしながら、未だクラウドの利用や移行を進めていない企業も数多く存在します。

 

クラウドへの移行を妨げている要因はいくつかありますが、特に大きな理由は「セキュリティ要件を満たせないこと」です。クラウドではデータが社外に保存されることになるため、オンプレミスと比べて情報漏えいなどが発生するリスクが高いとされていました。

 

しかし、現在こうした状況は改善に向かっています。仮想的にほかのユーザと分かれたネットワークを構築するVLANや、ユーザごとにアクセス権限を制限する機能などが導入されたことによってクラウドのセキュリティレベルは向上しました。また、社外に出せないデータは社内のシステムで管理し、クラウドで構築された別のシステムと連携させて利用する、といった方法も可能です。技術的にはオンプレミスからクラウドへの移行は徐々に容易になってきているといえます。

 

 

オンプレミス環境との高い互換性

クラウドへの移行でセキュリティと並んで問題となるのが、移行に伴うコストや開発の難しさです。オンプレミスとクラウドは通常アーキテクチャが異なります。そのため、移行後に同等のシステム環境を再現しようとした場合、設計段階で多くのコストと労力が必要になっていたのです。

 

しかし、利用するクラウドサービスがオンプレミスとの高い互換性を備えている場合、この問題も解決できます。たとえば、Oracle Cloudはオンプレミスと同じアーキテクチャで提供されているため、移行後もオンプレミスと同じシステム構成をそのまま再現することが可能です。

 

 

そもそもクラウド移行ってメリットあるの?

「クラウドへの移行が容易になってきている」とはいっても、移行によって具体的にどんなメリットが得られるのでしょうか?

 

新しいサービスを開発する場合、まず必要なシステム環境を構築した上で開発を進めていかなければいけません。オンプレミスでこれを行おうとすると、サーバやストレージなどのインフラを準備するだけでも多大な手間がかかってしまいます。

 

一方、クラウドではインフラやプラットフォーム、ソフトウェアなどを短時間で用意できます。初期費用もかからないうえに、変更が必要になったとしても柔軟に対応可能です。結果として、従来システム環境の準備にかかっていた時間を、新サービスのテストなど、より有意義な作業に費やせるようになるというメリットがあります。つまり、オンプレミスからクラウドに移行すれば、開発がよりスピーディーになり、効率化を図ることができるということです。

 

また、クラウドサービスの種類によっては、インフラ環境のファームウェアや、セキュリティパッチの管理業務をする必要がなくなるため、管理工数が軽減されるといったメリットもあります。

 

 

クラウドへの移行で開発環境の効率化を実現しよう

従来オンプレミスからクラウドへの移行で障害となっていたセキュリティと互換性の問題は、テクノロジーの発達によって現在ではほぼ解決可能な課題なりました。クラウドへの移行が実現すればシステム環境の構築と変更が少ない工数で済むようになり、より効率的に開発を進めていくことができます。現在のシステム環境はできるだけそのままに、業務効率化を図りたいと考えている人は、ぜひ一度クラウドへの移行を検討してみてください。

 

 

Text by 井泉湧貴

マーケティングオートメーション(MA)の導入、運用支援等ITコンサルタントとして活躍中。また、BtoB業界を中心に、オウンドメディアでのコンテンツ制作に従事。クラウドソリューション(ITインフラ・クラウドインテグレーションサービス)提供会社のコンテンツ作成や大手クラウドサービスのディベロッパーコミュニティ紹介記事などを手がける。