クラウドを「知ろう」「使おう」
クラウドを「知ろう」「使おう」

オンプレミスとクラウド、どちらを選ぶほうが賢明?

よくあるお悩み クラウドとオンプレ比較 クラウドサービス クラウド市場 最新トレンド オンプレミス Cloud

目次

  1. オンプレミスのメリット・デメリット
  2. クラウドのメリット・デメリット
  3. 何を基準に選ぶべきか
  4. 結局オンプレミスとクラウドはどちらがよいのか

昨今ではクラウド全盛ともいえる状況で、インターネットやIT関連の情報誌を見ると、クラウドが前提の記事が大半であり、もはやオンプレミスは時代遅れといった風潮さえ見受けられます。

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?クラウドは万能であり、オンプレミスができるすべてのことをカバーしてくれるのでしょうか?

 

今回は、オンプレミスとクラウドについて、どちらを選ぶほうが賢明なのかを考えてみたいと思います。

 

 

オンプレミスのメリット・デメリット

オンプレミスのメリット

ご存知の通り、オンプレミスは昔ながらの手法であり、何といっても実績があります。この手法の最大のメリットは、すべてを自社のコントール化におけることです。顧客の重要な機密データも、自社のコアコンピテンスが詰まったアプリケーションも、すべて自社が構築したハードと環境内にあるので、第三者に盗難される危険はほとんどありません。つまり、重要な情報を囲い込めるわけです。これは、システム運用において、セキュリティ上の大きなメリットといえます。

 

また、サーバ機器からファームウェアのバージョン、OSのパッチ、各サービスの細かいパラメータ設定やデータベースのパラメータチューニングといった、細かい設定も、自社で自由に行えます。こうしたきめ細やかな対応ができることもオンプレミスのメリットといえるでしょう。

 

 

オンプレミスのデメリット

対して、オンプレミスでは環境を一から自社で構築しなければなりません。アプリケーションの非機能要求から、求められるハードウェアの性能を洗い出し、利ざやを考えて機器を調達、ソフトウェアのインストールから設定、ネットワークの構築などなど、ひとつのシステムを立ち上げるまでの環境構築の苦労は並大抵ではありません。これはオンプレミスのデメリットといえます。

 

また、社内システムといった、比較的トランザクションが安定しているシステムならともかく、外向きのシステムの場合は、後々トランザクションに環境性能が追いつけず、スケールアップに迫られることもよくあることですが、オンプレミスではハードの増築から始まって、さまざまな作業が発生し、柔軟に対応することはできません。

 

 

 

クラウドのメリット・デメリット

クラウドのメリット

クラウドの場合、すべてが仮想環境ですので、必要なストレージサイズやメモリ、CPU、ネットワークの帯域と言った非機能要求が決まりさえすれば、それをクラウドベンダーがあっという間に揃えてくれます。つまり、環境構築の手間と苦労を省いて、すぐに運用が開始できるというメリットがあります。

 

また、後々リソース拡張が必要になった場合でも、ストレージやメモリ、CPUコア数でさえもすぐに増やすことができます。こうしたスケーラビリティの柔軟性も、クラウドの大きなメリットです。こうした点は、オンプレミスでは実現できない点です。

 

 

 

クラウドのデメリット

クラウドの最大のデメリットは、データやアプリケーションオブジェクトを「外部」に預けるという点です。中には顧客の個人情報や、社内の技術ノウハウがつまったアプリケーションもあるでしょうが、こうした秘密の塊を社外に出すことになります。もちろん、クラウドベンダーが運営するデータセンターは最高レベルのセキュリティに守られているのが通常であり、ベンダー自体もユーザの秘密保持には全力で取り組んでいますが、100%を保証することは難しいでしょう。

 

もう一つのデメリットは、長期利用時のコストです。クラウドの場合、基本的には「使った分だけ」費用が発生します。毎月の支払い額で考えると、よほどのことが無い限り思わぬ高額になることはないでしょうが、3年や5年など、長期利用をした場合の合計金額は、クラウドの利用方法によってはオンプレミスの導入・保守費用を超えてしまう恐れがあります。オンプレミスと違って、長期的な費用のトータルを予測しにくいのが、クラウドのもうひとつのデメリットです。

 

 

何を基準に選ぶべきか

メリット・デメリットの比較検討

ご紹介してきた通り、クラウドは万能ではありません。また、オンプレミスも一般でいわれているように陳腐で旧態依然とした手法ではありません。それぞれのメリット、デメリットをよく検討して、これから構築しようとしているシステムにどちらが最適であるのかをよく考えることが大切です。

 

 

特に重要なポイント

特に重要なポイントが、スケーラビリティと運用開始までの期間、運用コストです。

クラウドの利用を検討する場合は、この3点でメリットが得られるかどうかが重要です。運用開始後、スケールアップの可能性はどのくらいあるのか、機会損失を防ぐためにどのくらいファストスタートであるべきなのか、そして何より、ランニングコストも含めたコストはオンプレミスとくらべてどうなのか、慎重に検討しましょう。

 

また、中小企業の場合、環境構築の担当者が数名、場合によっては1名ということも珍しくありません。この場合、誰がこの判断を行うのか、移行が必要となった場合はどういう体制で臨むのかについても熟考が必要です。

 

また、オンプレミス上で稼働している過去の資産をクラウドへ、という話もよく耳にしますが、それをすることにより何がどう良くなるのかを明確にすべきです。

 

 

結局オンプレミスとクラウドはどちらがよいのか

以上をまとめると、オンプレミスもクラウドも一長一短ということです。

風潮的にはクラウドがもてはやされていますが、冷静にメリット、デメリットを考えて、システムに最適なのはどちらなのか、その時どういった点に主眼をおいて検討するのかが重要です。

 

ただし、昨今のビジネススピードを考えると、企画からシステム立ち上げまでの時間がどんどん短くなっています。こうした状況では、クラウドのファストスタートはオンプレミスに比べて有利です。

ビジネスチャンスを逃さないよう、いち早くサービスを立ち上げ、短期のサイクルでサービスを改善していくようなシナリオの場合は、クラウドは非常に魅力的な選択でしょう。この場合、トータルの利用コストを勘案しながら、サービスが安定したらオンプレミスに切り替えるという選択肢もあります。このように、どちらか一方と決めるのではなく、両方のメリットを活かすように検討することが大切です。