クラウドを「知ろう」「使おう」
クラウドを「知ろう」「使おう」

クラウド移行時にOracle Cloudを採用することで期待できるメリットとは?

Oracle Cloud Cloud Oracle

目次

  1. オンプレミスとクラウドとは
  2. 最小限の移行コスト
  3. スピーディーな構築と運用
  4. Oracle Cloudでスムーズにクラウドに移行しよう

あらゆる産業でITの利用が進む昨今、商品の在庫情報やWebサイトへのアクセスログ、既存顧客の購入履歴といったデータをビジネスに活用することはもはや一般的になっています。業務の過程で得られるデータを分析すれば、コスト削減や売上アップに役立つさまざまな示唆が得られるはずです。

 

どの業種においても基幹となるデータベースは非常に重要です。「Oracle Cloud」は、そういたデータベースを始めとする機能や環境をIaaS、PaaS、SaaSとさまざまな形態で提供するパブリッククラウドサービスです。特に、Oracle Databaseを採用している場合に大きなメリットを享受できます。

 

今回は、Oracle Cloudの導入で企業にどのようなメリットがあるのか解説しましょう。

 

 

オンプレミスとクラウドとは

データベースを運用する方法として、サーバなどを自社で調達導入し運用する「オンプレミス」と、クラウド事業者が用意したサーバ等のリソースをインターネット経由で借り受け利用する「クラウド(パブリッククラウド)」の2種類があります。クラウドが登場するまではオンプレミス型データベースが主流でした。しかし、クラウドが登場して以来、欧米を始めオンプレミスからクラウドへ移行する企業が増え始め、日本でも近年増加傾向にあります。「初期費用や運用コストを抑えやすい」「インフラ調達に時間がかからない」など、オンプレミスにはないクラウド特有のメリットが注目されるようになったからです。

 

オンプレミスからクラウドに移行するにあたって問題となるのが「アーキテクチャの違い」です。通常のパブリッククラウドではオンプレミスとアーキテクチャが異なるため、クラウドに移行するにあたって独自の設計に変えなければいけません。一方、Oracle Database からOracle Cloudへの移行では、オンプレミスと同等の環境をそのままクラウド上に移行することが可能です。

 

 

最小限の移行コスト

Amazon Web Services(AWS)や、IBM Cloudなど、オンプレミスで稼働するシステムをクラウドに移行できるサービスはいろいろあります。そのなかでOracle Cloudが特に優れているのは、Oracle Databaseを利用している場合、システム構成を変えずにオンプレミスからクラウドへの移行を実現できる点です。

 

クラウドに移行するにあたってシステム構成を変更しなければならない場合、そのために再設計を行うなど移行コストが余計にかかってしまいます。また、クラウド上でオンプレミスのシステム構成がうまく再現できず、かえって非効率的な形に再設計せざるを得ない場合もあるでしょう。Oracle Cloudでは、オンプレミスと同じシステム構成をクラウド上で再現できるため、そうした心配はいりません。移行コストは必要最小限に抑えられます。

 

 

スピーディーな構築と運用

オンプレミスからクラウドへの移行は、常に「完全な乗り換え」になるとは限りません。オンプレミスとクラウドを組み合わせて連携させ、必要に応じて使いわけることも多々あります。そのような場合には、スピーディーにシステム構成を変更できる柔軟性が求められます。

 

システムの新規構築や移行を行う際は、設計や構築に費やす時間を最小限に抑えられるため、全体の工数を短縮しつつも、試験に多くの時間を割けるようになるでしょう。結果として、システムの安定性と品質向上を図れます。

 

 

Oracle Cloudでスムーズにクラウドに移行しよう

Oracle Cloudは、Oracle社が提供するインフラストラクチャ、プラットフォーム、ソフトウェアが統合されたパブリッククラウドサービスです。

 

Oracle Databaseを採用している企業にとって「オンプレミスと同じアーキテクチャをクラウドで実現している」という点で特にメリットがあります。ほかのクラウドサービスとは異なり、オンプレミスからの移行に伴うコストや労力を最小限に抑えられるからです。

 

現在、Oracle Databaseを利用していて、オンプレミスからクラウドへの移行を考えている企業は移行先の候補として、ぜひ検討してみてください。

 

 

Text by 井泉湧貴

マーケティングオートメーション(MA)の導入、運用支援等ITコンサルタントとして活躍中。また、BtoB業界を中心に、オウンドメディアでのコンテンツ制作に従事。クラウドソリューション(ITインフラ・クラウドインテグレーションサービス)提供会社のコンテンツ作成や大手クラウドサービスのディベロッパーコミュニティ紹介記事などを手がける。